プレミアムカウンセラーへの道

その26 CBT その2

昨日この本のブログを書いていたのですが、長時間下記途中

にしていたせいか、保存に失敗し、昨日はそのまま寝ちゃいました。

先日書いた認知行動療法入門 Book2です。

この本はBook1のアセスメントシートをベースに以下の内容を事例の

中で説明しています。

・モードワーク

今の問題スキーマ(スキーマモード)と望ましいスキーマ(ヘルシー

モードを対比し、問答を続けながらヘルシーモードに近づいていく

というやり方です。

・リラクゼーション法

リラックスするための呼吸、肩の力の抜き方です。

・心理教育、読書療法・コンサルテーション

主に読書やカウンセラーの教示で問題スキーマから抜け出します。

ここはカウンセラーのリフレーミング力が問われると思っています。

・バランスシート

判断する時によくやる手法と思いますが、今のスキーマのメリデメ

を評価する手法。結構大事なのは問題スキーマにもメリットがある

事に気づくことかと思います。NLPでは肯定的意図と呼んでいます。

・サポートネットワーク

一人で解決しようとしない、周りに助けてもらう、そこに気づくための

ワークです。

こんな感じなのですが、まあ入門なので、それぞれ事例の中でさら

っと触れている、そんなイメージです。どちらかというとBook1で説明

したアセスメントシートを全事例で丁寧に埋めていて、アセスメント

シートの作り方をしっかり身に着けることができる、Book2はそのため

の本な気がしています。

この2冊でよりCBTに興味をもったら、NextにGoという感じですね。

-プレミアムカウンセラーへの道
-

Copyright© ポジティブイノベーター トウゴのブログ! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.