ハッピーミュージアム

翼をください

先日何気にYoutube見ていたら、なぜかこの動画にたどり着きました。

なんと、空飛ぶスーツが市販されていて、5000万で買えるらしい。まあ1回の燃料費が大変な

気もしますが、10分飛べるらしい。動画を見てると、もうむちゃくちゃ爽快に見える。

VRなら今すぐ空を飛ぶこともできる。おそらく10年もすれば無重力空間も味わえるだろうし、

まあある程度でよければニトリの無重力チェア+VRを使えば似た感じは味わえるかもしれない。

ただ、何となくこの爽快感とちょっとのミスで死ぬ怖さ、チャレンジ、このバランスはなかなか

リアルでないと味わえない気がしています。完全なデジタルツインが実現したとしても、

「ここはマトリックスな世界」と知っていると、何も怖くなくなってしまう。デジタルツインで死んでも

「Continue?」ってなるだけなら。

この装置、なんとか100万くらいになってほしいですね。。。もしくはリニアモーターカーのような

強電磁力の上で浮くだけならもっと安いコストでできるのかなぁ。。。まあその場合、ごくわずかな

間違いで吹っ飛んでしまうので、動ける範囲が必ず固定されてしまうのでしょうが。

これ、1回10万とかで遊べるなら、一生に一度はやってみたいと思います!

-ハッピーミュージアム
-

Copyright© ポジティブイノベーター トウゴのブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.