ハッピーミュージアム

どっちが幸せ?

NLP用語で「アイ・アクセシングキュー」という概念があります。

アイ・アクセシングキューは「思考中の目の動きで、どのようなイメージ

の思考をしているのかが分かり、目の動きからその人の思考タイプ

が分かる」というアイデア。たとえば、上を見ると視覚的イメージを

持って思考している可能性が高い。そして、右を見たら想像的な

視覚イメージを、左を見たら過去の視覚イメージを持っている可能性

が高い。真ん中くらいで右か左を見ていたら聴覚的イメージ(音)で

思考している可能性が高く、下を見ていたら体感覚(触覚、嗅覚、

味覚)的イメージで思考している可能性が高い。

また、たとえば何かの証拠を追求する時に右を見ていたら、事実で

ない可能性がある。で、カウンセリングスクールでのロールプレイング

でこれを前置きしないで試してみたら、びっくりするくらい視点が動き

ました。後でネタばらししたら、その方も大笑いしてました。

イメージはこんな感じ。

ご興味持たれた方、アイ・アクセシングキューで検索してみてください。

たくさん例が出てくると思うので、書いてある質問群を仲のいい人に

質問してみると、いろいろな気づきが得られるかもです!

-ハッピーミュージアム
-

Copyright© ポジティブイノベーター トウゴのブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.