10年で5倍を目指す株日記

GAFAからMAGAへ

IT関連の方はもちろんご存じですが、よくGAFAという用語を耳にすると思います。

 

Google
Amazon

Facebook
Apple

 

の略です。

5年ぐらい前まではまさにこの4社が時代の寵児という感じでした。

で、昨日各企業の現況を調べてみたのですが、今はもうGAFAじゃなくてMAGAですね。

Microsoft

Amazon

Google

Alibaba

です。

Facebookは今も成長は続けているのですが、明らかに初期の成長ペースは失せました。アップルは正直良くも悪くもジョブスの会社だったのだなぁと。未来はないと思います。

 

ではその根拠を楽天証券のデータをもとに見てみましょう。まず、MS。

巨大企業でここまで美しい企業は日本では残念ながら皆無ですね。

株価が急上昇してしまったため、割高な株になってはいますが、それにしても美しい。。。

 

首でもないのにMS辞める奴なんて滅多にいませんが(ここに一人いますが)、確かにこれ辞めない方がいいですわ。。。

 

とはいえ、自分は辞めて失敗とも思ってるし、同時に辞めて大正解だったとも思っているので、その人の状況によりけりかなぁとも思いますが。

 

MSはOffice365というドル箱と、成長中のAzureが軸。MSは20年前も今もずっとOfficeが柱の会社。おそらくそれは今後100年間変わらないと思います。しかも世界のIT普及率は今後上がる一方ですから、MSの成長は止まらないでしょう。

 

では次にAmazon。

いやー、MS以上に美しい。。。

ほんと近い将来、世界で独走のトップに上り詰める会社ですね。

クラウドも現時点で最上位ですが、おそらく数年でアマゾンの完勝で終了すると思います。

現時点でAWS(アマゾンのクラウド)は1年間の成長額がMS(Azure)・Google(G Suite)の総額と同じくらいです。圧倒的ですよね。

 

次にGoogleを見てみましょう。

上昇カーブはAmazon>Google>MSというところでしょうか。

Googleの収入はほとんどが「広告」です。

主にYoutube、検索エンジンの広告がメイン。

まあ、トップクラスYoutuberの繁栄ぶりや、地上波の凋落ぶりを見れば、Googleが今後さらに広告で稼いでいくのは火を見るより明らか。

G Suite というクラウド(SaaS)ビジネスを伸ばしたがってはいますが、

まあ伸びなくても広告だけでもっともっと巨大化する企業です。

 

で、MAGAのトリを務めるAlibabaがこちら。

もうなんていうんでしょう。とんでもない、の一言ですね。

まあ、中国圏オンリーの会社ではありますが、とんでもない成長率です。セグメント別の収入を調べてみましたが、日本の楽天に近いですね。中国の電子商取引の独占企業。

まあ、中国はこれから安定成長に移行すると思いますが、移行しても日米より遥かに高い成長率が続きます。

 

以上、2020年の寵児MAGAを書きました。

では、私が外したFAは今どのような状況でしょうか。

 

まずApple。

正直、MAGAからは離された印象ですね。

携帯・スマホ企業の中では相変わらずトップですし、楽天証券の評価も業界ではトップです。ただ、MAGAのありえない成長を見ていると、引き離されちゃったなぁ・・・という感が強いですね。

 

最後にFacebook。

成長は今も素晴らしいです。

 

ただ、企業規模を考えると、もっとカーブが鋭くないとおいしくないんですよね。相変わらずキラーコンテンツはSNSオンリーですし。

Facebook離れが叫ばれている昨今、PERの下がり方(つまり株の人気が落ちている)を見ても、多くの機関投資家が「終わった会社」とみているのではないかと考えます。

 

さて、MAGAと呼ばれる時代は来るのでしょうかね、楽しみに待ちたいと思います。

-10年で5倍を目指す株日記

Copyright© ポジティブイノベーター トウゴのブログ! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.