今週の株式

2020/9/21-25

今週はショックな出来事が。

タスキは本気に勝ちに行きました。8000万以上集中投下し、当選率が上がるIPOポイントも

すべて投下。またダイレクトマーケティングミックスはおそらく不人気だし、売出数が多いので

こちらも当選するだろう。まあタスキさえ取れれば十分。そう思っていました。しかしながら

どっちも落選。当然、他の6証券も全滅。

これどうすれば当たるんだろう・・・。

で、今週は3社が上場しました。

トヨクモ(4058):公募2000円、初値9020円、現在9690円

グラフィコ(4930):公募4090円、初値9560円、現在7380円

まぐまぐ(4059):公募810円、初値3400円、現在3010円

まあ、ほんと今IPOバブルなのだと思います。当選すればほぼ勝つ。雪国まいたけくらい

に状況が悪くない限り勝つ。そういう意味では僕は今月のIPOは3,4割公募割れする、

簡単に言えばIT以外は一部を除いてほぼ割れると読んでたんですが、これが完全に

間違っていたという事になります。グラフィコの2倍以上は驚愕でした。もうファンダメンタル

関係ないなぁと、初値までは。

でグラフィコは想像通りほぼ初値天井。だって、こんな価値どう見てもないですから。

それはまぐまぐにも言える。今の業態をトランスフォームしない限り、大きな成長は

見込めない。一方トヨクモは今の業態で大きく伸びることが可能な会社。まあ提供

しているサービスは安否確認・Kintone連携サービスとかなり地味。とはいえ安否確認

のニーズはコロナで飛躍的に増えたと思うんですよね。というわけで、もしかすると

次の四半期決算ですごい数字が出る可能性もある。まあそれを期待する人は多少

高値でも買うのだと思います。

まあ僕はこの初値がついた時点で3社とも見切って、次々、と言う感じになりました。

次に期待しているのは火曜日に上場するヘッドウォータース。AI・ロボット株。まあ

ファンダは弱いです。ただ、これこそIPOの醍醐味、と言う株で、万が一安く値付い

たら、全力勝負なのですが、まあ予想は初値は公募の10倍だと思うので、そうで

あれば当然ながら諦めですw

月曜上場のラクモもチェックはしようと思っていて、ヘッドウォータースに資金を

貯めていて、うまくラクモが安く値付いたら・・・みたいな淡い期待は持ってるん

ですが、おそらくこれも4〜5倍になると思うのでそうであればこちらも諦め。

でも、今の初値形成が当分続くなら、絶対に公募で当選しないと・・・と言う感じ

ですね。1億でも少ないというのが今月来月であらためて証明されるかもしれま

せん。

そして今週のSUN。

今、7,8月のIPO勢の出来高が激減してます。おそらく機関が意図的に取引量

を減らしている時期で、出来高が減れば大抵はジリ安が続きます。この2週間

はまさにそれで、4000→3000まで来ました。なんとなく、SUNは上方修正のIR

までこの状況が続くのではないか、と読んでいて、上方修正は早くて10月末、

遅ければ11月中旬の第三四半期決算短信と同時と予想。

また、前回の暴落の支持抵抗線は3000円でした。賢い機関なら2回目も3000円

を抵抗線として、ミニ上昇を作り、3度目の正直のところで個人の買いを誘発して

一気に2000円くらいまで落として、ここでエントリした個人を大量に損切りさせて、

その間に下げ局面形成の中でじわじわ買い集める。そしてIRで一気に〇連S高

みたいなのを作って、〇連S高だと個人がエントリできない(というか買える頃には

爆謄してる)ので、爆発的な含み高を作り、そのまま踏み上げるか、若しくは上げ

局面を維持しながらじわじわ利益を確定する。そんな気がします。

なので、僕の読みが当たれば来週は一時的にガッツリ上がります。月火で3500

までいって、また下がると予想。次の下がりはおそらく2500までは落ちる。2000

切るかもしれない。まあ僕は順張りで買うと決めたので、2500近辺で下げ止まっ

たら20000株、2000まで行けば30000株買おうと思います。で、次は12月末くらい

までHoldする。そんな感じで買えると嬉しいんですが、さてうまくいきますかどうか。

3000で一気に切り返してしまったら、諦めですねw 諦め肝心。

-今週の株式
-

Copyright© ポジティブイノベーター トウゴのブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.