ハッピーミュージアム

断る・反対する勇気

先程驚き日記を書きましたが、まああの話はどうも「断る」(居座る)という選択肢が

なさそう。なので、「断れない」なら「ごねる」(できる限り情報を引き出す)に変わり

ますが、日本人の断り方に「ごめんなさい」というとてもやさしい断り方があります。

まあこの断り方は大抵好意に対するものなので、優しさは素晴らしいと思います。

「ありがとう!でもごめんなさい。」、これはとても優しいと思う。

この「断る」という選択。結構日本人の苦手とするところな気がしています。許容

できるなら応じる、結構それが日本人らしさな気がしていて。アメリカに2か月半

住んでいた時、結構同僚の選択の速さに驚きました。僕自身も今年の自分は

去年までの自分の10倍以上決断が速いのですが、アメリカ人は全体的に選択が

早いです。決めたらすぐやるし、逆に決めたらすぐやめる。あと変化にこだわらない

というか今の判断を重視するからあまり過去の流れに固執しない。まあ、離婚率の

高さもその表れなのかもしれません。

で、断りたいけど断れない、これ結構多いと思うんですよね。僕も去年までこれに

かなり苦しんでいました。ただ、今年からあっさりとガンガン断るようになり、その

結果仕事とかに何か問題が生じているかというと、意外と何も問題が起きていない。

つまり僕が楽になった、それだけなんです。

もちろん、譲歩することも大事。ただ、心からやりたくない場合、そしてその心から

というのを内省してみて、Iメッセージ(わたしは〇〇なので××なんだ、たとえば

私はこの部屋にとても満足しているので、退去はとても残念です)に置き換えて

腹落ちするなら、Iメッセージを相手に送り、素直に断る、若しくは反意を伝える、

これがよいのかなぁと思っています。

Iメッセージでうまく断る・反意を伝えられるようになると、結構相手も受け入れ

やすくなるそうです。TBLでの学びの受け売りですがwでも確かに僕自身、

Iメッセージでいわれると、受け入れやすくなるなぁと日々感じていますね。

-ハッピーミュージアム
-

Copyright© ポジティブイノベーター トウゴのブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.