幸せ日記

コロナ対策で感じていること

今、ほかの方のブログを読んでいて、コメント書きながら、ああ、これは記事にしたいと思い、記事を書いています。

昨晩、妻とコロナ論争を繰り広げました。(喧嘩ではなく論争ですw)

妻は、

「コロナはとても怖い。

今日ニュースを見たけど、国立感染症研究所のレポートで、

武漢コロナは日本は封じ込めたけど、亜種である欧州コロナは封じ込めなかった(今の感染増加は欧州コロナ)。

今後さらなる亜種ができていくのは明白で、3次、4次の波が必ず起きる、としてる。

だから結局コロナ自粛はしばらく続くし、私たちはもっともっと注意していかないといけない。

ほんと大変だわ。」

一方、僕は、

「過去の肺炎系ウィルスは湿度に弱いというデータが確証されている。

つまり、亜種ができようが梅雨で感染は止まる。(これから乾季になる国、南半球はこれから爆発する恐れはある)

それに日本は現時点で、20000/120000000 である。つまり、0.02%の感染率。

且つ若年・中年で致死率はほぼゼロのこんな弱い感染力のウィルスでなんでここまで社会は慎重すぎる対策をとるのか。

致死率の高い身体的弱者は現状の慎重な対応が必要と思うけど、一般の若年・中年は、

・マスクの必須着用
・3密回避
これを守るだけで後は普通の活動に戻った方がいいと思う。これ以上慎重策を続けると、経済死する人間が確実に増える。コロナ以上に脅威。

さらには今月中に日本でようやくレムデシビルの承認が下りる。これができればインフルエンザのイナビルのようなもので、かなり症状は緩和できるようになるから問題なくなる。

で、2時間ほどあれこれ議論したのですが、完全に平行線で議論を切り上げることにしました。これ以上議論したら喧嘩になると思ったので。

過去の例を踏襲するならば、コロナはパンデミックではないと思います。今の世界の人口は70億人。一方感染確認者は350万人。つまり、感染率0.05%です。実数はもっと多い、という方が多いですが、自覚症状のない感染者を含めてしまうと、インフルエンザだって2倍以上に感染者増えてしまうと思うんですね。自覚症状のない感染者は2次感染リスクがあると言えども除外でいいと思っています。

なので、マスク着用・3密回避は梅雨まで続けた方がいいと思うけど、それ以上の対策は不要、というのが私の持論ですが、これが正しかったかどうかは1か月後にはわかるんじゃないかなと思っています。

-幸せ日記
-

Copyright© ポジティブイノベーター トウゴのブログ! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.