Kindleを読みつくす!

その61 Rookies (4)

今日はRookies第4巻。

ROOKIES 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)
Amazon(アマゾン)
667円

なぁ 安仁屋
チームの勝利の為に 自分が努力する
たしかに「ワン・フォア・オール」とはそういう意味だ
しかしな みんなの努力信頼があってこその勝利だ
それが団体競技というもんだろ みんなで勝とう(To 安仁屋)

(新庄くんはみんなが自分を受け入れてくれるかどうか
不安でたまらないんだよ だから迎えに行ってあげなきゃ
せっかく勇気出して来てくれたのに・・・)
待ってみようじゃないか 学校に来るだけなら誰にでもできる
あいつにとって 最後のこの百数十メートルを
踏み出せるかどうかが本当の勇気なんだ
大丈夫 あいつは来るよ 仲間だからな(To 塔子)

人間育てる気がないなら 教師やめてもらえませんか(To 教師)

これ以上投げる事に何の意味があると言うんですか!?
(あー知らん知らん)
国松先生!
(何すんねん!放さんかい!うちの選手をどないしようが
こっちの勝手やろが!)
ピッチャー交代!
(何でやねん!)
彼のキズをちゃんと見ましたか!?
(あ!?知るかい)
見もしないで・・・
(あのなぁ プレーの激しさみたらキズの深さくらい
見んでも想像つくんや スパイクされて骨折れるとでも
思とんのか?こんなモン 甘えとるだけやないけ)
(うぅ・・・)
(ほら ムリだよ)
(いいんだ・・・しょーがないんだよ・・・)
本当にいいのか?
(ええ言うとるやろ!789!あと3回くらい根性で乗り切れる!)
(はあ はあ ・・・はい・・・)
君は野球をやってるのか!?やらされてるのか!?
選手生命にかかわるかも知れない傷を抱えて
今投げ続ける理由があるのか!?
(そない大した傷やない言うてるやろ!)
(いや・・・あ・・・)
君の夢は何なんだ!?監督の無理難題をその根性とやらで
切り抜ける事か!?君はそんな事のために野球をやっているのか!?
例えばこの試合が君の最終目標なら何も言うまい
けどもっと大きな夢があるなら 今何が大事かをどうして
見極めようとしないんだ!
夢を貫き通す気力!情熱!それが本当の根性じゃないのか!?
(う・・・うう・・・)
(あほくさ 何しょーもない事 熱弁しとんねん
もうええ もうええ プレー再開や 全くちょっとケガしたくらいで
大騒ぎすなっちゅーねん そういうか過保護がくさった教育につながんのや)
そんな目で生徒を見ながら教育を語るな!
(な・・・何やと エラソーに若造が・・・!)
これが試合中じゃなければあなたを殴ってるかも知れない
けど ウチの選手たちにとって この試合は夢への重要な第一歩なんだ!
私は彼らのその情熱を・・・夢の大きさを知っているから
絶対何があっても軽率な行為でこの試合を台無しにしたくないんだ
(先生・・・)
(何や クソ不良共にも 夢なんかあんのかいな)
甲子園
(ぶわーっ はっはっはっはっ 甲子園!)
人の夢を・・・バカにするなーっ!!
しまったー!!!
先生ーっ しっかりしてください! うわーっ何て事を!許し・・・
みんなもすまーん!俺はやっぱりアホだったーっ!(To 教師)

俺は今モーレツに反省している 軽率な行為はしないと言った尻から
全てを忘れて軽率極まりない行為を働いてしまった!
情けない!自分の理性の足りなさが情けない!またしても
教師失格だ!大バカヤローだ!!(To Rookies)

この試合にかける こいつら全員の思い 情熱! 集中力!
その気合が流れを呼び寄せる
「即ち精神一到何事か成らざらん」(To 塔子)

(たとえ負けてもいい・・・こんな素晴らしい光景に会う事ができたんだ・・・)
負けませんって いや負けちゃ駄目なんですって
こいつらはみんなに理解されるために 努力してきたんじゃない
ただ勝つために・・・自分達の夢のために 努力してきたんです
だから勝たなきゃ意味がなくなってしまうんですって!
絶対勝つんですって!!(To 教頭)

よしおまえら輪になれ
俺が野球部の顧問になって一か月ちょい
(何だよ 改まって)
いいから聞け 今日までの間に 俺自身色々な事を学ばせてもらった
野球はおろか およそ団体競技などというものは まるで未知の世界
だったからな とりわけチームプレーの素晴らしさというもの・・・
ワン・フォア・オールの精神・・・それからわりと短期で
軽率な自分にも気づかせてもらったし・・・
(今頃気づくなよ)
そして何より夢を持つ事の大切さを改めて学んだ
おそらくおまえらは知らんだろう 43年前我が二子玉川学園が
甲子園の土を踏んでいる事を!
(うそォ!?マジ!?そうなの!?)
東京代表が東と西に分かれるずっと以前の話だ
その激戦区東京代表に 我が二子玉川学園が選ばれたんだ
あったんだよ 黄金時代が
(こ・・・甲子園に・・・知らなかった・・・)
それから43年 時代は変わった・・・
伝統の野球部はおまえらに受け継がれ そして過ちを犯した
今ならわかるだろう 先輩たちの血と汗と涙で築き上げた
栄光の歴史におまえらは泥を塗ったんだ それがどういう事か
わかればいい 俺はだから償いのために戦えと言ってるんじゃない
俺はおまえらに野球を強制してきたわけじゃないし
これからもするつもりはない 反省は絶対必要だが
過去の過ちに固執するのは愚の骨頂だ それよりもっと大切な事がある
幸いにも人間には誰しも平等に夢を持つ才能というのが備わっている
おまえらは今やっとそれに気づいた そしてそれを貫くための
努力を始めた それがたまたま野球だった それでいいと思う
関川の走塁も 若菜のヘッドスライディングも
岡田の送りバントも 安仁屋のピッチングやホームランも
湯ぬ根のタイムリーも 御子柴の守備も
今岡の一本足も 桧山のホーム突入も 平塚の・・・スイングも
全てが俺には感動的な名場面だ
おまえらの夢の過程をすぐ側でこうして見届けられる俺は
何と幸せ者だろうかと思う そしておまえらの夢の達成の瞬間を
この目で見てやる
(先生・・・)
いいか この世は俺たちが理解する以上に 栄光に満ちている
しかしそれに気づかない場合が多い おまえらはどうだ?
今 おまえらの口からはっきり聞きたい事がある 以前は笑われたがな
おまえらの夢はなんだ?
安仁屋
(とりあえず この試合勝ちてえ)
よし! ここまで来たからには・・・なんて言い方するつもりは
毛頭ない 初めから勝つ事だけを考えて戦ってきた筈だ
まあ要するに何が言いたいかと言うと
がんばれってことだ 俺の話は以上! さあ行けっ!(To Rookies)

第4巻は川藤先生の語録よりもRookies同士のやりとりにいいシーンが多い。なので

語録は少なめなのですが、最後の言葉はほぼ1話費やしています。

著者の想いは川藤先生のこの言葉に集約されている気がしました。

・幸いにも人間には誰しも平等に夢を持つ才能というのが備わっている
・この世は俺たちが理解する以上に 栄光に満ちている

確かにその通りだと思います。そしてこの世が栄光に満ちているのか屈辱に塗れて

いるのか、それを決められるのは自分自身と言う事。ただ、正直十代の少年たちが

それを決めるのはまだ簡単ではなくて、教師や親が栄光に満ちている事を教える

か自分たちの背中で示すことが大事なのだと感じています。

とはいえ僕も46年苦しんだから今年目覚めることができた気がするし、一生目覚めない

、チャンスに恵まれない人もたくさんいるとは思う。だから目覚めるきっかけ作りをするのが

自分の使命、そう思っています。

-Kindleを読みつくす!
-,

Copyright© ポジティブイノベーター トウゴのブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.