Kindleを読みつくす!

その48 はたらく魔王さま(9)

今日は第9巻。

はたらく魔王さま!(9) (電撃コミックス)
Amazon(アマゾン)
434円

海の家のオープン初日。魔王の想定をはるかに上回る活況ぶりに店が

回らなくなる。そんな時、バイト要員でない千穂・エミリア・ベルが加勢に

駆けつける。そして、なんとか初日を大儲けで終わる。

その後、少し元気になった軍師のカミーオと魔王は会話する。すると、

驚くことにカミーオ軍を駆逐したのは天弥だった。

その日の夜、エミリアと魔王軍は今夜大量の魔王軍がゲートをくぐって

来ることをカミーオから知らされる。元はエミリアの盟友だったオリバー・

メイヤーという大司教。彼は笹塚でルシフェルと共闘し、エミリア・魔王に

打倒されてから行方をくらませていたが、オリバーが魔王軍に

「聖剣を奪ったもの」が世界を制覇できる、と数日前に吹聴し、カミーオ

は調整しようとしたもののうまくいかなかったとのこと。そこで危険を

告げにここまで来たとの事だった。

オリバーの不手際、魔王軍の不手際、どちらも自分たちの責任という

ことでエミリアは魔王に共闘を命令する。

カミーオが魔刀を持ってきていたため、その鞘を抜けば一気に魔力

が回復するのだが、カミーオは刀を置いてきてしまっていた。

新生魔王軍と対峙するエミリアとアラス・ラムス。力量的にはエミリア

の方が上だが、「殺さない」という縛りを今回は課しているため、苦戦する。

そんななか、天弥が魔刀を携えてやってくる。刀を抜き、本気モードに

なる魔王・アルシエル・ルシフェル・カミーオ。

魔王が到着し、新生魔王軍は動きを止める。アルシエルはオリバーの

甘言に乗った若い衆を叱咤するが、魔王は「どうせオリバー一人の

話じゃない。だから乗らざるを得なかったんだろう」と部下の動きを理解

する。

そして、新生魔王軍とカミーオをゲートからエンテ・イスラに戻した。

次の日。天弥は詳細を説明しようとしかけたが、おばさんの大家さんが

皆に詳細を話していないと知ると、「つまり教えてはいけないみたい」

と言う事で話すのをやめる。

千葉から帰る前に周りの景色を見ながら会話するエミリアと魔王。

魔王は今回の戦闘で得た宝玉をエミリアに手渡す。エミリアは当惑して

で、バイトも強制終了させる。昨日押し寄せたお客さんは全員幽霊で

大量の魔力が発生したせいで、元の形を維持できなくなったとの事。

「自分の心配しなくていいの?今の私は大天使にも勝てる」というと

「俺の魔力が完全に戻ったら、お前含めて全部支配してやる」と

プロポーズともとれる発言をする。

大困惑する千穂とエミリア。あきれるアルシエルとルシフェルと千穂。

千穂は「単に世界を征服する」って言いたかったんですよね、と

大騒ぎし、エミリアは「こんな屈辱は初めてだわ!!」と叫ぶ。

9巻はこんな感じです。ちょっと話の展開が早いため、この巻はあらすじ

が難しいですね。天弥の説明がこの時点ではかなり少ないので、

後々にああ・・・って感じになるのですが、この時点ではいろいろと

不明点が多い。

まあもっと謎なのは大家のおばさんですが。。。

とはいえ、魔王の何気ないプロポーズめいた言葉がいいですねw

魔王には全くその気はないようですが。

-Kindleを読みつくす!
-,

Copyright© ポジティブイノベーター トウゴのブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.