プレミアムカウンセラーへの道

その17 初めての45分間!

人生で初めて英語でカウンセリングを45分やり切りました!
クライエントとの会話はクライエントが合意しない限り外に出さないの
がカウンセリングの鉄則なのでここには書けませんが、仮に日本語
だったらとても残念なカウンセリング。でも、英語でやり切れたのが
物凄く嬉しい!!

途中、何度も詰まって、詰まって。Google翻訳を使うので少し待って
くださいね、と言ってみたり。まあカウンセラー仲間でのロープレ
なのでなんとかなったわけですが、それでもやっぱり今までなら
10分持たずギブアップしていたところをここまで粘れた自分をほんと
褒めてあげたいです。そして、ほんとバディの優しさに感謝感謝。

また、最後に「こんなひどいカウンセリングでごめん」と謝ったら、
「でもあなたは〇〇すべき、特に今と戦うべき、という方向に私を
誘導しなかった。待つ、それでも大丈夫そうか?と私に暖かく尋ねて
くれた。待てばよくなるかどうかはわからないけど、でも確かに
待つという選択肢もあるんだなぁと気づきになった。だから全然
悪くなかったよ。ありがとう!」みたいなフィードバックをもらいました。
英語なので僕の感情の反応速度が遅かったのですが、日本語なら
涙腺が緩くなっていたかもしれません。

これはiNLP Center という海外オンライントレーニングのプログラム

である”Coaching Buddy”システム。募集登録をすると、3か月ごとに

1〜2人、Buddyをマッチングされ、二人で好きなロープレやトレー

ニングを行います。相手も僕もお互いトレーニングが一時終わって

いるので(相手はもう2年ほど次のトレーニングには進まず、

開業を始めたとの事。僕は来月からマスタープラクティショナーの

トレーニングを始める予定。)、お互いレポートの為にタスクをする

必要はない。というわけで、相手の方は僕をクライエントに見立て

プログラムの練習、僕はカウンセラーとしてロープレをやることに

しています。

実は日本語でも45分やったことがないので、無理ありすぎのチャレ

ンジでした。途中で何度もうーん、ギブって言いかけたんですが、

というかちょっと言った時もあったんですが、相手の方が、

「続けよう。英語は頑張って。翻訳使ってもいいんじゃない。

待つから!」って言ってくれたおかげで何とかなりました。

次回は来週火曜日。恐怖のロープレ会が一転して楽しみになり

ました!

-プレミアムカウンセラーへの道
-

Copyright© ポジティブイノベーター トウゴのブログ! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.