今週のWB的生活

2020/9/12-18

9/12(土)

この日はウェルビーイングすぎる1日。

9:00 -図書部、フィジーの幸福論に関する本についてみんなで語り合う。

11:00-ファッション部、キックオフ。

14:00-パートナー部、かなり今の自分を赤裸々に語ってしまう。

17:30-TBLインナーチャイルドトレーニング、ひでぴょんセッションを堪能する。

TBLはしっかりとお金を払っているので、まあ期待通りと言う感じでもあるし、全心連の

資格取得に必要な単位なので取っているという側面がある。

一方、WBUの部活は全部自発的な動きなので、WBU運営費の月額2000円を除けば

全て無料である。しかも部長は自身の強みを活用しようとし、参加者は皆幸せ指向

であり、且つ自分だけの幸せでなく周りに幸せを広めたいと考えている人々の集まり。

以前妻から「お金のかからない宗教みたいだ」と言われたことがあったが、確かに

アイデアを伝搬させたいわけで、布教とあまり変わらないと言えば変わらない。

ただ、WBU、というかポジティブ心理学の強みは科学を根拠としているところだろう。

必ず検証を行い、その検証結果をベースに理論が展開され、エクササイズが形成され、

さらにはそのエクササイズも検証され、効果測定されていく。個人的には定量的な成果

が大事とは思わないのだが、これはあくまで僕個人の話。人にアイデアを理解しても

らうには確たる実績が大事。だからこそ僕は今後もWBUで、それぞれのフィールドで

活躍する人々と共に学び、活動し、そして実績を作っていく。僕はITの世界から離れたい

のだが、やはりこの世界である程度活躍し続けることがWBUでの貢献につながるのだ

と思う。まあどうしても離れたくなったらその時は投資を本業としてそこで得た学びを

還元していきたいと思う。

9/13(日)

今日は学校教育日の日。WBUは教育関連の人が多い。

・先生

・産業カウンセラー/コンサルタント

先生は学校で働かれていて、産業カウンセラー・コンサルタントは大半の方が独立・

起業している。今日は学校教育に関するいろいろなディスカッションを聴いていたが、

素晴らしいと思う反面、若干の違和感も感じる。

なんとなく、世間一般の感覚と乖離している感覚を受けるというか。なんとなくなの

だが。

9/14(月)

WBUのある方が幸せを志向する政策研究会を立ち上げるという事で、興味ある―、

とFBのボタンを押したところ、今日会話する事となった。理想やアイデアは聴いた。

理想には賛同するが、道険しと感じる。まあ僕は若い頃からずっと政治家を志向

していた。ただ、今年になってどうでもよくなった。

というのは、僕が政治家にならなくても、政治家に議案を託すことができて、彼らが

通してくれるなら、それでよいのだ。僕がバッジをつける必要はない。そう思い、

主に自民党と内閣にある程度政策提案をしている。完全ノーレスだが。

今日のところはとりあえず参加を決めたという程度。確かに政策は重要で、政治で

教育制度を変えられるなら、子供・親の幸福感を若干高められる可能性がある。

とはいえ、政治で最も重要なのはやはり経済政策と思うが。政治家に政策を託す

にはどうすればいいか。まあそれもアイデアはある。ただ、時間がかかるし、自分

の人生の時間では間に合わないかもしれない。でもまあ間に合わなければそれで

しょうがないと思う。

9/15,16日(火、水)

特にイベントがなかったため、定時後はNLPの学習に勤しむ。iNLP センターでは

・NLPプラクティショナー

・NLPマスタープラクティショナー

・NLPトレーナー

・NLPライフコーチ

・NLP催眠トレーニング(ミルトン・エリクソンテクニック)

フルフルで契約した。こんなにてんこ盛りで60万円程度。しかも期限付きでなく

永年である。

英語さえできれば毎日2〜5時間程度ライブセッションに参加できる。

プラクティショナー同士の交流やコーチバディ制度もサポートしている。

iNLP Center, 国際NLP協会(iNLPA)はNLPの世界ではかなり弱い影響力の弱い

部類に入る。この世界では米国NLP協会が圧倒的に影響力が強い。ただ、

おそらくここはコミッション料が高いと思われ、学費がものすごく高い。

10日間、1回6時間で60時間30万程度が相場。1時間5000円ならそれほど高くない

と思うかもしれないが、半分程度がロープレ。
・オンラインで効率的にやる

・最小催行人数を10人に設定する
・若しくは iNLP Center のように定額永年制、WBUのようにサブスクリプション制にする
こうすれば1時間500円で何とかなるはず。”コミッション料さえなければ”

iNLP Center でも高いとは思うのだが、自分が調査した中でNLP団体では一番

安い。そして、ひでぴょんは iNLP Center, INLPA の出身である。とはいえ、ローカライズ

コスト+ひでぴょんFeeと言う事で、正直周りに比べれば安いが、僕の価値観では高い。

なんとかiNLP Center 相場まで日本でも引き下げたい、まずはそこがファーストゴール、

そう思う。まあその前にまず来年一杯でトレーナーまでは行こう。

そういえば、なぜか催眠トレーニングが受講できないので、問い合わせしてみたところ、

「月々の支払いの場合、4か月支払った時点で催眠トレーニングが受講可能になる。

また資格は6か月支払った時点で取得可能になる。」

え”。ええええええ?

つまり、プラクティショナー、マスタープラクティショナー資格取得に半年かかるの?w

もう来週中にプラクティショナー終わりそうなのだが。で、聴き直したら「あなたのペースは

物凄く速いし、全額一括で支払えば受講が終わればすぐに資格は出すよ」と言う返事。

「どう支払えばいいの?」と聴き直す。(なぜか返事が20日の今も来ていない)

9/17(木)

今日はのろけ部とパートナー部で同志のゆりりん主催の

【1人でおためし】パートナーとの関係性をアップデートするための取扱説明書づくり

なるイベントに参加する。正直パートナー系は自分の現状を晒すのが痛々しい。

そして、今日も痛々しさを晒す。

イベント後、ゆりりんは赤裸々に話した自分に感謝していたが、まあ正直、自分は

自分で傷をえぐってる気がして、それでいいのか?と自問自答する。

でもまあ、いっか。。。

9/18(金)

今日は代休を取得し、こんな1日を送る。

・5時:iNLP のグループセッションに初参加。当然英語。議論に参加しないと参加した

ことにしてもらえないので、必死に参加する。朝から苦行。

・6時から10時:引っ越しと感謝の手紙を書く。オフラインのカウンセリングが今の

部屋だとできない(自分以外の入室禁止)ため、歩いて5分の所に引っ越しし直し。

26日が退去日なので、じわじわ引っ越し。

18日に自分の本「欲望ダイエット」出版。クラウドファウンディングで出資頂いた方

皆様に既に本を予約し郵送手続していたが、朝に全員に感謝の手紙を一人一人

想いをつづってメールする。

・10時から13時:TBLのグループセッションに参加する。もうすでに疲労感一杯で

前半は好調だったが、最後のロープレでボロボロになる。ひでぴょんの指摘も

珍しく細かく強めだったが、まあ期待の裏返しと思う事にする。

・14時〜15時:疲労で爆睡

・15時〜20時:NLPとFPの勉強+ブログ書きに勤しむ。

・20時〜22時:ある部活に参加する。まあ詳細は記載しない。

・22時〜23時:ネトゲーでゲーム妻とらぶらぶ。

・23時:寝落ちのように睡眠。

今週もほんと流れるように一週間が過ぎる。仕事のことは一切書いていないが、

仕事も定時の時間内はかなり集中しているつもり。なので、頭の疲労感も結構

あって、大抵23時にほぼ寝落ち状態で寝てる。

脳の五大革新にもフォーカスしたいが、今のところ

・ポジティブ感情の最大化

・時の超越

はほぼDoneな感じだが(実際に3倍は活用してると思う)、睡眠については

夢の制御に手を出したら睡眠が浅くなるという想定しない事態が起き、今止めてる。

記憶は元々苦手領域なので、今一時的に保留している。ただ、ひでぴょん流を

身に着けるのであれば記憶+要約力がマストになるので、そろそろ着手する

必要がある気もしてきている。

既に昨日の19日にまた大きな動きがあったのが、それはまた来週。

-今週のWB的生活
-

Copyright© ポジティブイノベーター トウゴのブログ! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.