幸せ日記

トウゴの日本語日記 2020/7/6

7月6日 月曜日
朝起きて早々にゲーム妻のお勧めである「鬼滅の刃」1巻を
読む。一瞬で虜になる。ああ、これは売れるはずだ、凄い。
でも、これが爆発的に売れるというのは日本人の感性は
素敵だと改めて思う。残念ながらこの本は世界共通では
売れまい。

12時半頃。
メルキュールホテルに着く。酸素カプセル60分コースの
体験。正直僕が強く興味を持っているのは水素で、酸素
にはあまり期待していなかった。
1時間1.3倍の気圧で濃酵素を浴びる。呼吸がとても楽に
なるのを感じた。呼吸がとても楽って思ったよりも幸せ
なんだ、そう感じる。
また来ますねー、とリップサービスをしてホテルを出る。

札幌の陽射しは本当に気持ちがいい。とても乾燥した
熱気。これなら10時間ずっと浴びっぱなしでも僕は
ずっと笑っているだろう。

大通 - すすきの を東西縦断する。各十字がとても
大きいためにかなり時間を費やすが、歩く時間が
とても心地よい。

予定していた回転寿司屋に向かう途中、すしざんまいに
釘付けになる。いやいや、築地が本店じゃん。ここで
すしざんまい行くか?そうも思う。
でも「めかじき丼」。この魅力に抗えなかった。
近時なぜかめかじきの刺身に出会えていなかった。
それを寿司丼で食べられるとは。
めかじき丼、鉄火丼、鉄火巻をテイクアウトしてホテル
に戻ろうとする。

その後、狸小路を通り抜けようとする。
Beef Impact なるステーキ屋を発見する。
おそらくDeep Impactのパクリだろう。
でも、いいネーミングだ。
気に入って持ち帰りでステーキセットを注文する。

そして、Beef Impactで奇妙な体験をする。

ステーキの待ち時間、大学時代のいろいろな体験が

急にフラッシュバックされた。「もしかすると、酸素

カプセルの効果か?」と思う。

大学時代、サンデーサイレンスとイージーゴーアー

の対決にハマった時があった。そして、イージーゴーアー

という名前が凄い好きだった。

突如、「イージーゴーアー」がよみがえり、とても驚く。

忘れていた記憶が突然よみがえったのは、酸素カプセル

の影響?それともBeef  Impactが自分にDeep Impact

を暗示させ、そこから馬繋がりで?

と思ったりもしたが、結論は出なかった。

ただ、結論を確認するために、再度酸素カプセルを体験

することに決める。

帰り道にドン・キホーテに寄る。
ドン・キホーテも僕の家から歩いて行ける場所にある。
ただ、すすきのの本店は明らかに品ぞろえが違うだろう、
そういう期待で店に入る。

期待は当たる。
欲しい健康グッズが大量に見つかり、さらに興味ある
サングラスも見つかる。1.5万程度を使い、買い漁った。
まだ欲しいものがあり、単に持ち帰れなかったので
おそらく数日後にまた買うだろう。

16時前くらいにホテルに戻る。
部屋に戻り、すしざんまいで買ったものを食す。
めかじき丼は味付けが気に入らない。
無味で醤油味付けだけでよいのだが。
漬け丼のような状態に残念さが否めない。

一方、鉄火巻が格別にうまい。6個入りで400円はかなり
割高だが、これは納得する。

17時になり、恒例の斎藤聖子さんのマッサージを受ける。
斎藤さんは金曜日だけ予定が合わないそうだが、おそらく
それ以外は毎日受けることになるだろう。

とても気持ちがよく、話の傾聴が上手で、僕を心身共に
リラックスさせてくれる。僕は一度ハマると固める
性格。今までで一番合うマッサージャーを見つけた。
斎藤さんは僕的には固めて当然の方だ。

マッサージを終え、少しリラックスする。
水曜日から自分の取材第二弾が幕を開けるのだが、
スケジュールを入れ過ぎて整理に戸惑う。
一つダブルブックに気づき、慌ててキャンセルする。

プライベートにはスケジュール管理ソフトを使わない
ようにしているが、ここまでタイトになってくると、
使った方がよいのかもしれない。

20時になる。
Beef Impactのステーキセットを食す。おいしい。
が、いきなりステーキに遠く及ばない。やはり
大通のいきなりステーキはかなりおいしいと
比較して分かった。帰るまでに絶対にもう一度
食べよう。

21時。
取材2日目。相席居酒屋に入る。そもそも40代の一人、
という現実はかなり無理がある。ほとんどの男女が
二人以上、しかも20代。
そこにとても浮いているおじさんが一人。
ただ、今日は同世代の女性を紹介される。

15分ほど話し、この女性とは気が合いそうだと分かる。
詳細は小説に譲るが、結果意気投合する。
30分ほどでLine交換し、店を出る。

その後帰るつもりだったが、その女性がラーメンが
食べたいという事で、ご馳走する。
僕はBeef Impactでお腹一杯だったため、餃子を
少しだけほうばった。

22時半。直線のはずなのに道に迷う。どうも
Google Map を使いこなせない自分がいる。

23時。時計台に近づく。どう考えても道を間違えている。
30分しか飲んでいないし、飲んだのはカルアミルク。
酔うはずもない。

しょうがなく時計台のイルミネーションを撮る。
それなりに満足する。
結局ものすごくオーバーランしていたことが発覚し、
30分かけて家路につく。

今日はとにかく歩き続けたため、疲れ果てた。
一瞬で眠りにつく。

-幸せ日記
-,

Copyright© ポジティブイノベーター トウゴのブログ! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.